目の下のクマを消す方法!試してみたい美容液特集

シミ、シワなどの年齢肌が気になり始めたら、露真珠化粧品シリーズ。8点入りトライアルセット
目の下のクマ対策に、話題の肌再生化粧品「露真珠コスメ」シリーズ トライアルセット販売中!

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
Pocket
クマ美容液の選び方

配合成分で選ぶ

配合成分で効果が違う?

目のクマを消す美容液は商品によって含まれている成分が異なります。
成分が異なるということは効果も違うということです。
クマの種類・原因によって、使い分けないとせっかく高い美容液を購入しても意味がありません。
そのため、クマの種類や原因を確認して、それに合った成分が配合されているものを購入しましょう。

例えば、色素沈着が原因のクマの場合は美白成分が配合された美容液を使う必要があります。
ハイドロキノン、ビタミンC誘導体、プラセンタ、アルブチン、トラネキサム酸、コウジ酸、
エラグ酸、リノール酸、ルシノールといったものが美白成分として有名です。
この中で最も美白効果が高いのはハイドロキノンですが、副作用も強いので低濃度のものを使ってください。

血行不良が原因のクマの場合は血行促進効果のあるビタミンK、ビタミンP、ビタミンE、アシタバエキス、
シラカバエキス、コムギ胚芽エキス、ショウガ根エキス、ヨモギエキスなどが配合されたものを選びましょう。
目のたるみや乾燥が原因の場合はビタミンC誘導体やコラーゲン、ヒアルロン酸、リピジュア、
プラセンタ、ビタミンEなどが含まれた美容液がいいでしょう。
どんなに口コミや評判が良くても自分のクマに合わなければ消せないので、
必ず配合成分をチェックしてください。


肌に優しい美容液を選ぼう

肌が弱い方だと美容液のせいで肌荒れを起こす可能性やクマをさらに濃くしてしまう危険もあります。
敏感肌や乾燥肌、アトピー肌といった肌質に問題がある方は、
できる限り肌に優しい美容液を使うようにしてください。
クマを消すために美容液を使ったのに逆に悪化してしまっては元も子もありません。

肌が弱い方は、余分なものができる限り入っていない美容液を探してください。
香料や着色料、鉱物油、パラベン、保存料といった添加物は肌にストレスを与えます。
これらが配合されたものを使っても肌が強ければ問題ないありませんが、
肌が弱いと肌トラブルを起こしやすいです。
また今は問題がなくてもじわじわと肌にダメージが蓄積されているので、
近い将来ダメージが表面化するかもしれません。
普通の化粧品だと刺激が強すぎて使えない方は
無添加やオーガニックにこだわって美容液を選んだ方がいいでしょう。

そして、美容液を使っていて肌荒れを起こした場合、使うのをすぐに止めてください。
そのまま使い続けるとさらに症状が悪化する恐れがあります。
特に目元は皮膚が薄くデリケートなので、肌に悪い美容液を使い続けると色素沈着を起こしやすいです。
肌に合うか心配な場合はトライアルセットから始めてみてはいかがでしょうか。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
Pocket

 

 

トワエッセ モアベールエッセンス